帯地のバッグ

金柑の収穫が始まったのでなかなか手を付けることができなかった、ばあちゃんの着物今回は着物帯結構古くて汚れもあったのですが、やはり処分できずしっかりした硬めの生地ほどいてバッグにすることにしました。表地の裏は刺繍で糸がいっぱい・・・表も内も帯地をそのまま使うことにしたので、もともと硬い生地が三つ折りとかになるとミシン針が通らずガガガ~っと音を立てて停止します。手縫いするにも指先が痛くて爪が剥がれてし...

かなり苦戦した結果

ばあちゃんが亡くなって約4ヶ月片付けも終わったけど引き取った着物はまだボックスの中・・・ミシンの試運転は完了して手慣らしに簡単なものからと思い購入しておいたリメイク本を読みあさり帯を使ったスカートからにしてみることに本通りでは帯をほどいて表生地を6等分に切ってウエストと裾を縫ういたってシンプルすごく簡単!なはずが・・・ばあちゃんの帯を広げてみたらなんと!!帯幅が途中から変わっているではないか!しかも...